MT4のインジケーターを変更する

By: Highway Patrol Images

FXの取引を行なう上でリアルタイムに市況を知るには、FX業者などが提供している分析ツールが必要不可欠です。業者で提供している物は、独自開発した物からオープンソースで公開されている物までありますので、ユーザーの好みで使っていくと良いでしょう。

しかし、国内外で広く使われているツールとしてMT4自動売買があり、デフォルトスタンダードのような存在ですので、このツールを導入しておけば、ユーザーの使い途に合わせて変更していく事が出来ます。

MT4は、アドオンやスクリプトを導入する事によって機能の強化を行えます。また、チャート表示の仕方を変える事もでき、インジケーターを変更するだけで行えます。MT4用のインジケーターは、ネットで公開されている事が多く、様々なタイプの物がありますので、ユーザーが見易いと思う物を選択していくのが良いでしょう。

インジケーターの変更によって、異なる指標のチャートを分かりやすく表示出来るようになり、その種類としては、ラインや破線、図形やヒストグラムなど表計算ソフトで使われるグラフ表現のほとんどに対応しています。

グラフ表現と数字表示を併用しておけば、どんなユーザーでも一目で現在のチャートの状態を把握出来る環境を構築出来ます。MT4にインジケーターを導入する場合には、インストールの場所を間違えないようにしなくてはいけません。場所を間違うと正常に表示してくれませんので、MT4のインジケーターを配布しているサイトなどでどの場所にインストールをすれば良いのかを確認しておくと良いです。

オリジナルのテクニカル指標を導入する事によって、ユーザー独自の視点でFXの現在の市場での取引状況が把握出来るようになります。インジケーターやスクリプト、アドオンは、MT4の機能を最大限に活かして取引を行なう為に欠かせない物ですので、必要に応じて導入していく事になります。