学生がお金を借りる時に気を付けたいこと

学生であっても、場合によってはお金を借りることができ、それを旅行費用などに使う、教習所の費用にするということも可能です。ただ、お金を借りるにあたってのハードルが高いのもまた事実です。1つ目は在籍確認です。在籍確認は、その人が本当にいるのかを確かめるもので、会社勤めのサラリーマンであれば会社に、主婦などの場合には自宅に電話をかけて確認することになります。最近の消費者金融は、明らかに消費者金融からの電話と思われないよう、自然に装った電話をかけて確認していくようになっています。しかし、学生などはスマートフォンで連絡を取ることが多く、固定電話で連絡を取る場合は何かしらの用がある場合であり、勘の働く人であれば察しがついてしまいます。在籍確認でバレる可能性があることを考えなければなりません。

次に自宅への郵送物で発覚するパターンです。以前は書類が自宅に届き、そこで必要事項を書いて送り返し、審査をしてもらうというのが主流でした。それでは大変であることから無人契約機などで契約ができるようになりましたが、それでも、こういう契約になりましたというものが届くことになります。この郵送物でバレる可能性が高く、実家に暮らしている人などは注意が必要です。また、学生にそもそも貸してくれるところかどうかという根本的な問題もあります。以上のことが学生がお金を借りる場合の注意点であり、この部分をクリアしたところで借りることが求められます。

最近はWeb上で完結するケースが多くなっています。フリーメールを作り、そこに契約の内容が来るようになり、お知らせも届くようにし、カードなども発行せず、すべて口座で振り込んでもらうようにすれば、物証を残すことなくお金を借りることができます。会社によっては、在籍確認をしないところもあるため、誰にもバレることなくお金を手にすることができます。学生ローンであっさり借りるのではなく、大手の消費者金融で借りて、しっかりと返すことが必要です。